本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.075-581-8125

〒607-8141 京都府京都市山科区東野北井ノ上町2−2

コンタクトレンズ処方を希望される方へcontact info

 コンタクトレンズは、直接、目の中(眼球の表面)に入れるもので、コンタクトレンズの作成には必ず眼科医による診察と処方が必要です。
 眼球の表面の状態は、黒目(角膜)やまぶたの形、涙の質や量によって、1人1人異なるため、診察を受けて頂いた上で、1人1人の眼の状態に合ったコンタクトレンズの処方を行っています。
 当院では、皆様に安心してコンタクトレンズをお使い頂くために、処方箋発行前に数日分のお試し用レンズ(使い捨てソフトコンタクトレンズのみ)をお渡ししています(お試し頂けるコンタクトレンズについてはこのページの一番下の項目をご覧ください)。また、ハードコンタクトレンズの処方も行っております。

コンタクトレンズ処方の受付時間

  受付窓口にて、 「コンタクトレンズ処方」を希望する事を必ずお伝え下さい。
☆初めて装用される方
  午前診察  9:00 〜 11:00
  午後診察  16:00 〜 18:30

☆装用経験のある方
  午前診察  9:00 〜 11:15
  午後診察  16:00 〜 19:00
 ※木曜日と祝日は休診です。
 ※土曜日と日曜日は午前診察のみとなります。
   注)コンタクトレンズ処方の受付時間は、一般診療よりも受付終了時間が
     早くなっておりますので、ご注意ください。
 
 ※初めての方は、下記より問診票をダウンロードしていただき、
  事前にご記入し来院されますと待ち時間の短縮になります。
       コンタクトレンズ 問 診 票(PDF)

初めてコンタクトレンズ装用をされる方


 当院では、コンタクトレンズ処方の際、十分な検査を行った上で、処方を行っています。そのために少しお時間を頂きますので、初めてコンタクトレンズを装用される方は、時間に余裕を持ってお越しください。予約等は必要ありませんが、健康保険証をお持ち下さい。また、18歳未満の方には保護者の方の同意書を頂いております。

コンタクトレンズは、直接、目に装用するものです。
 装用経験のないはじめての方では、すぐにレンズの装脱(つけはずし)ができるようになる方の方がまれです。1時間、2時間と練習して頂く方もいますし、何回も受診して装脱ができるようになる方もいます。
 コンタクトレンズ診療受付時間は午前11:00(午後は18:30)までですが、診察が混み合っている事もございますので、早めの時間の来院をお願いいたします。
 スムーズにコンタクトレンズが装用できるようになるまで、指導致します。



    <初めてコンタクトレンズ処方を受けられる場合の流れ>
@来院・問診
 ご希望のコンタクトレンズや、どのような状況でコンタクトレンズを使いたいのか等を伺います。どの様なコンタクトレンズがよいか迷われている方も、気軽にご相談下さい。

A検査・診察
 視力検査などの検査、眼科医による診察を受けて頂き、実際にコンタクトレンズを装用しての検査も行います。

B装用(つけはずし)練習、コンタクトレンズの取り扱いについて説明
 装用(つけはずし)の練習をして頂き、またコンタクトレンズの取り扱い方法について説明をさせて頂きます。練習にかかる時間には個人差がありますので、時間に余裕をもってお越しください。

Cお試し用レンズのお渡し
 当院では、コンタクトレンズ処方箋を発行する前に、数日分のお試しレンズをお渡しして、異物感や乾燥感などの問題が起きないか、お試し頂いています。日常生活の中で実際にコンタクトレンズを装用してみて問題が起きないか、しっかりと観察して下さい。

D再診・コンタクトレンズ処方箋の発行
 再診時にお試し用レンズを試して頂いて、特に問題がなかったことを確認した上で、処方箋を発行させて頂きます。



装用経験のある方、2回目以降、コンタクトレンズ処方を受けられる方


 普段コンタクトレンズをお使いの方で、当院でのコンタクトレンズ処方を希望される方は、そのコンタクトレンズの品名・度数などがわかるものがあれば、お持ちください。

コンタクトレンズの外箱  ブリスターバック 
   

  
 <装用経験のある場合や、2回目以降コンタクトレンズ処方を   
                        受けられる場合の流れ>
@来院・問診
 
 コンタクトレンズをお使いになっていて、気になることがないかを伺います。
   

A検査・診察
 視力検査などの検査、眼科医による診察を受けて頂き、実際にコンタクトレンズを装用しての検査も行います。

Bコンタクトレンズ処方箋の発行
 お使いになっているコンタクトレンズを継続して使って頂いても問題がないことを確認した上で、処方箋を発行させて頂きます。

※装用経験のある方でも、お使いのコンタクトレンズと異なる種類のレンズを希望される場合は、お試し用レンズを使って頂いた上で、特に問題がないことを確認してから処方を行います。

定期健診について


 特に目に異常を感じていない方でも、知らない間に眼球の表面にキズがみられることがあります。自分でも知らない間に眼の状態が変化し、いつものコンタクトレンズが合わなくなっていることもあるため、必ず定期的な検査・診察を受けましょう。

カラーコンタクトレンズについて


カラーコンタクトレンズは、着色部分がレンズの内側にきちんとはさみこまれたタイプのものでなければ、安全とは言えません。当院では、この条件を満たすレンズのみを取り扱っています。

遠近両用コンタクトレンズについて


 誰でも年齢と供に手元のピントを合わせる力(調節力)が弱くなってくるため、長時間の読書や書類仕事、パソコン作業などをすると、眼が疲れやすくなってきます。そのような方には、通常のコンタクトレンズを装用した上で、さらに上から近くを見る用の眼鏡を装用して頂くか、遠近両用のコンタクトレンズの装用をお勧めしています。遠近両用コンタクトレンズは、近くと遠くの両方の矯正を必要とする方のためのコンタクトレンズで、年齢とともに衰えてしまう見え方をアシストしてくれます。
※ 遠近両用でないコンタクトレンズを合わせる場合と比べて、遠近両用コンタクトレンズは、レンズをあわせるのに、受診していただく回数が多くなる場合があります。

コンタクトレンズとドライアイ


 ソフトコンタクトレンズでもハードコンタクトレンズでも、装用すると眼は乾きやすくなります(ドライアイ)。コンタクトレンズを装用した直後は調子が良くても、段々と装用しているうちに、眼が乾いてショボショボしたり、異物感や痛みが出るようでしたら、医師にご相談下さい。コンタクトレンズの上から使用できるドライアイ点眼薬を使って頂いたり、コンタクトレンズの種類自体を変えることで症状を改善できる可能性があります。


  

取り扱いコンタクトレンズ(ソフトコンタクトレンズ)の種類

 
 →このマークがあるレンズは、シリコーン・ハイドロゲルレンズと呼ばれる新素材のレンズで、きわめて高い酸素透過性を有するレンズです。角膜に充分な酸素を供給する事ができます。

ジョンソン・エンド・ジョンソン
 
ワンデーアキュビュー オアシス

ワンデーアキュビュー トゥルーアイ

ワンデーアキュビュー モイスト

ワンデーアキュビュー モイスト 乱視用

ワンデーアキュビュー モイスト マルチフォーカル

アキュビュー オアシス

アキュビュー オアシス 乱視用

2アキュビュー ディファイン


ワンデーアキュビュー ディファインモイスト
 V(ヴィヴィッド),N(ナチュラルシャイン),A(アクセント)
 RB(ラディアントブライト), RC(ラディアントチャーム),
 RS(ラディアントスィート), RH(ラディアントシック)
 アルコン

デイリーズ トータルワン

デイリーズ トータルワン マルチフォーカル

エアオプティクスEXアクア

エアオプティクスアクア

エアオプティクスアクアTRC

エアオプティクスアクア マルチフォーカル 

エアオプティクス ブライト (ブラウン・ピュアヘーゼル)

エアオプティクス カラーズ (グリーン・グレー・ブルー)

フレッシュルック デイリーズ イルミネート
(ジェットブラック・リッチブラウン)

フレッシュルック デイリーズカラー
(ピュアヘーゼル・グリーン・グレー・ブルー)
 ボシュロム

バイオトゥルーワンデー

バイオトゥルーワンデー 乱視用

バイオトゥルーワンデー マルチフォーカル

ボシュロム アクアロックス
シード
   
シード ワンデーピュア うるおいプラス
   
シード ワンデーピュア うるおいプラス乱視用

シード アイコフレ 1DayUV

シード ワンデーピュア マルチステージ
クーパービジョン

マイデイ ワンデー

マイデイ ワンデーTRC

プロクリア ワンデー

プロクリア ワンデー マルチフォーカル

バイオメディクスEV

バイオメディクスTRC

バイオフィニティ

バイオフィニティTRC

バイオフィニティ マルチフォーカル

バイオフィニティ アクティブ

 ※上記のコンタクトレンズ以外にも、ハードコンタクトレンズの処方も行っています。